寒い日が続いていますが、もうすぐ立春。暦の上では春を迎えます。子ども達の元気に伸びようとする力は、寒さにも負けず春に向かって日々大きくなっています。
 今月は、楽しい行事がありますので、みんなで思い出いっぱいの園生活にしていきたいと思います。

〈今月の保育目標
☆手や足や身体全体を使いこなせる子
・冬の自然に親しみ、雪遊びやそり遊びを楽しむ
・雪上運動会に参加し、寒さに負けない丈夫な体作りをする
☆豊かな感情を持った子
・節分の伝統行事を知り、お面を製作し豆まきを楽しむ

〈2月の行事予定〉

・節分集会&お誕生会 (1・2月生)
・避難訓練
・体育教室 (3・5歳児)
・雪上運動会
・体育教室 (4・5歳児)
・食育デー
・卒園児ケーキ作り
・終了写真、卒園児写真撮影


〈3月の予定〉

・ひなまつり集会・お誕生会(3月)
・卒園式


〈保育士からのひとこと〉

 2月3日は節分です。子ども達は、鬼が来るのではないかとドキドキしている様子です。
 鬼と言っても、みんなの大好きな『鬼ごっこ』。
保護者の皆さまも子どもの頃に楽しんでいたと思います。
 鬼ごっこには、いろ鬼・こおり鬼・手つなぎ鬼など様々ありますが、子ども達の発達にとって良いことがたくさんあります。

 @走りながら方向転換をしたり、くぐったり、回避した  り、年齢に合わせた動作を取り入れることで楽しみな  がら体を動かす習慣が身についていきます。
 A追いかける時のルールや、捕まったらどうなるかなど  を考えて判断したり、友達と助け合ったりすることに  よって社会性や協調性が育まれていきます。

 保育園では、0歳児の「はいはい」、1.2歳児は「歩く」「走る」だけでも楽しいと感じられるため、おいかけごっこから始まります。そして3歳児からは少しずつルールのある遊びへ、5歳児頃からは自分たちでルールを作っていったりと年齢に応じた楽しみ方へと展開をしていきます。また、季節や場所を問わず遊べるため、雪遊びの中でも取り入れています。
 心も体も大きく育つ『鬼ごっこ』をご家庭でも、お子さんと一緒に楽しんでみませんか。